<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

作った香りに名前をつける


c0157611_16543189.jpg
アロマに関するセッションは長くやってきていますが、「メッセージ・アロマ」ほど、後日談をご連絡くださるお客様が多いものはありませんでした。

メッセージアロマは、最後にその作った香りにお名前をつけていただいて、完成します。香りをつくりだす事も大事ですが、あとで香りを使ったときに、その香りを作ったときの気持ちに立ち返れることも、このメッセージアロマの果たす役割の大きなものです。そのために、セッション直後でなくても、おうちにお帰りになって、もう一度作った香りを味わいながら名前をお決めくださいね、と申し上げています。

一緒に香り作りを楽しんだアロマセラピストは、実はどんな名前をつけたか、とても知りたいのですが、この命名は極めて個人的なものですので、あえて伺ったりはしていません。ところが、その名前や、その後の香りの変化など、細かくお知らせくださるかたが多いので、私たちも1回のワークで何度も感激を味わわせていただくことができます。


オレンジ色のオレンジの香りを作りたい、と最後までこだわられたCさんは、なぜか”Rose Water”という名前に。香りはオレンジとローズをコアに作りました。
Cさんにお許しをいただいたので、そのメールの一部をご紹介します。

【My Aroma Oilが私にもたらしてくれるもの】
この香りは、自分を無理のないニュートラル・ポジションにす~っと連れていってくれます。
余分な力がぬけ、気持ちが柔らかく軽くなる感じで、落ち着きます。
女性であることにもふと立ち戻らせてくれます。
【Message Aromaでの気づき】
・「エネルギーを出せる自分」を欲していたけれど、ほんとは「力をぬくこと」「無理のない自分でいること」を求めていたのかな、と。
・エネルギーチャージしたら、チャージしたエネルギーを明るく外側に放つよりも、自分の内側を潤すことの方が(今は)満たされそう。
・疲れているとは思っていたけれど、自分が思ってた以上に疲れていたかも。
【Name of Aroma】
香りを嗅ぐと、「水」がインスピレーションされました。
で、名前は「ROSE WATER」。自分に戻る、私を潤す水です。

Cさんは自分のために必要なエネルギーをアロマで作ろうと思っていらしたのですが、実はそれは外から与えられるものではなく、自分の内面を満たすことでエネルギーが満ちるのだ、と、このワークで香りをかいでいるうちに、気づかれたのでしょう。
私自身もこのエピソードから、香りのもつ力は、本当に想像を超えたところにある、と驚きました。

このほかにも、”Winter Delight”と名付けたわ、と教えてくださったNさん。香りはリンデンとローズ・アッターをコアにしました。寒い冬に明るい気持ちが湧いてくるので、また次は2月に春の香りを作って、1年四季の香りを完成させたい、とおっしゃってくださいました。

Mさんは、あまりにすてきな香りができたので、アトマイザーとロールオンの両方をお持ち帰りになりました。毎日お使いで、日を追うごとに香りがさらになじんで、よい香りになっているそうです。

自分のための香り作りは、ほんの1時間でさまざまな感覚や思考を呼び起こしてくれるようです。
私たちアロマセラピストは、また明日も、この世にひとつの香りに出会うことができることに感謝して、ワークルームでお待ちしております。

text by yayoi kyogashima
[PR]
by message_aroma | 2008-01-25 16:56 | Work-Room より

新年のメッセージアロマ作り

昨年スタートしたメッセージアロマ、既に多くの方がご体験くださいました。
本当にありがとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

驚くべきことに、そのすべての皆さんが、「ご自分の香り」をまさにご自身で迷わず作り上げられました。
それは、せっかくの1時間というセッションの時間に、しっかりと香りと向き合って、好き、嫌い、懐かしい香り、初めての香り、好きな香り、混ぜてみて引き立つ香り・・・、などなど、プロも顔負けの選択眼ならぬ選択鼻で、80種類以上の精油のなかから、お好きな香りを選ぶことができたからに他なりません。
日々香りが身近にあるアロマセラピストでさえ思いつかない素敵な表現で、お好きな香りを言葉にしてくださった方も多数いらっしゃいました。
その時、その場に同席させていただける喜びは、メッセージアロマのお手伝いをしているアロマセラピストならではのものだと、感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、2008年。
あなたはどんな決意、抱負を胸に秘めていらっしゃいますか?
私は年末に「SULIS」という名のマイ・メッセージ・アロマを作りました。
「SULIS」はケルトの女神で、治癒の泉の守り神です。イメージとしては、私の暮らす鎌倉の風景、大好きな海や泉の水の音、そして私のこうしたホリスティックヒーリングの仕事を守ってくれるSULISへの感謝を表したくて、こうしたネーミングにしました。私のサンサインおひつじ座の精油ローズマリーを中心に、今年大きな一歩を踏み出す後押しをしてくれる香りを作ろうと思い、相方さんとじっくり香りを選びました。ローズマリーは、奇しくも「Ros Marinus 海のしずく」の異名があるハーブですし、思考をきりっと引き締めてくれる香りが独特で、私が大好きなエッセンシャルオイルのひとつです。
残念ながら、香りはその場でリアルに嗅いでいただかない限り伝えることができないので、どこまでみなさんに伝わるかはわかりませんが、間違いなく私が今年見つけたい「海のしずくの香り」に仕上がりました。
私は今、毎日それを身につけて嗅ぐたびに、足を一歩前に踏み出すチカラを得た気持ちになります。c0157611_044343.jpg

自分自身も、そして、昨年私とともにメッセージアロマを作り、手にされた方も、きっとその香りとともにこの1年という時間を豊かに過ごせるだろう、と思います。



バレンタインには、誰かさんにメッセージアロマのプレゼントを!
でもその前に、今年のあなた、自分自身に香りをプレゼントしてはいかがですか?

                                       text by yayoi kyogashima
[PR]
by message_aroma | 2008-01-06 00:08 | Work-Room より

easy trip

新年明けましておめでとうございます。


c0157611_19212349.jpg年末年始はいかがお過ごしでしょうか? 豪華に海外で、もしくは国内旅行、帰省やご自宅でのんびりでしょうか?
私は自宅でのんびり派でありますが、たまにはハワイなど暖かいところでお正月を過ごしてみたいものですがなかなか・・・。



でも、アロマを使えばそんなことも可能になったりします。

☆ ハワイをイメージするブレンド
オレンジ、ジャスミン、ジンジャー
南国を思わせるかぐわしく、甘い香り。これが私にとってのハワイの香りです。感じ方は人それぞれなので、きっともっと違ういろいろなブレンドが生まれることでしょう。

そして、このブレンドをお部屋で焚いて目を瞑ります。例えばKeali'i ReichelやJake Shimabukuroなどのハワイ出身のアーティストの音楽をかけ、五感をフル活用してイメージしてみます。ゆっくり深く呼吸をします。すると、自分がハワイのビーチでのんびりしているような気になるのです。こんな疑似体験も香りが大いに活躍してくれます。
ちょっとしたマジックで日々の生活を楽しんでみませんか?
もちろん、寒い北国の森でも、京都のような古都にでも、お望みならどこにでもお連れいたします。

それでは、元日の今日、私は30分ほどハワイに行ってまいります。

昨年12月にスタートしたばかりのメッセージアロマですが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。今年も素晴らしい1年になりますように。


                                         text by yukiko tsukada
[PR]
by message_aroma | 2008-01-01 19:27 | message aroma