新年のメッセージアロマ作り

昨年スタートしたメッセージアロマ、既に多くの方がご体験くださいました。
本当にありがとうございます。
今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

驚くべきことに、そのすべての皆さんが、「ご自分の香り」をまさにご自身で迷わず作り上げられました。
それは、せっかくの1時間というセッションの時間に、しっかりと香りと向き合って、好き、嫌い、懐かしい香り、初めての香り、好きな香り、混ぜてみて引き立つ香り・・・、などなど、プロも顔負けの選択眼ならぬ選択鼻で、80種類以上の精油のなかから、お好きな香りを選ぶことができたからに他なりません。
日々香りが身近にあるアロマセラピストでさえ思いつかない素敵な表現で、お好きな香りを言葉にしてくださった方も多数いらっしゃいました。
その時、その場に同席させていただける喜びは、メッセージアロマのお手伝いをしているアロマセラピストならではのものだと、感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、2008年。
あなたはどんな決意、抱負を胸に秘めていらっしゃいますか?
私は年末に「SULIS」という名のマイ・メッセージ・アロマを作りました。
「SULIS」はケルトの女神で、治癒の泉の守り神です。イメージとしては、私の暮らす鎌倉の風景、大好きな海や泉の水の音、そして私のこうしたホリスティックヒーリングの仕事を守ってくれるSULISへの感謝を表したくて、こうしたネーミングにしました。私のサンサインおひつじ座の精油ローズマリーを中心に、今年大きな一歩を踏み出す後押しをしてくれる香りを作ろうと思い、相方さんとじっくり香りを選びました。ローズマリーは、奇しくも「Ros Marinus 海のしずく」の異名があるハーブですし、思考をきりっと引き締めてくれる香りが独特で、私が大好きなエッセンシャルオイルのひとつです。
残念ながら、香りはその場でリアルに嗅いでいただかない限り伝えることができないので、どこまでみなさんに伝わるかはわかりませんが、間違いなく私が今年見つけたい「海のしずくの香り」に仕上がりました。
私は今、毎日それを身につけて嗅ぐたびに、足を一歩前に踏み出すチカラを得た気持ちになります。c0157611_044343.jpg

自分自身も、そして、昨年私とともにメッセージアロマを作り、手にされた方も、きっとその香りとともにこの1年という時間を豊かに過ごせるだろう、と思います。



バレンタインには、誰かさんにメッセージアロマのプレゼントを!
でもその前に、今年のあなた、自分自身に香りをプレゼントしてはいかがですか?

                                       text by yayoi kyogashima
[PR]
by message_aroma | 2008-01-06 00:08 | Work-Room より
<< 作った香りに名前をつける easy trip >>